VERITASサーバールール(禁止事項)

VERITAS利用規約第3条に基づき、サーバールールを以下の通り定めます。
サーバールールはVERITAS利用規約と同様にユーザーの同意無く変更される場合があります。
VERITASDiscordサーバーの利用ルールはサーバー内チャンネル#ruleに記載されている通りです。

[禁止事項]
1.チート行為・不正ツールの使用などのあらゆる不正行為及びその関連行為
・チート行為が可能とする不正クライアント、MOD、リソースパック等の使用は禁止します。
・上記に該当するチート行為が可能となる不正ツールの使用や教唆をチャット(個人チャットも含む)で公言・示唆する行為は禁止します。また、この発言に返信したり対応することも禁止します。
・不正ツール使用者の発見や存在を不特定多数のユーザーが閲覧可能なチャットで公言する行為は発言の意図を問わず、該当の不正プレイヤーの支援を行う関係者とみなし、処罰することがあります。→詳細

2.PvPエリアでの禁止行為
・PvPエリアのブロックやアイテムに似せたスキンを使用する行為。
・複数回に渡って相手の復活地点付近へ接近し、待ち伏せした上で復活直後の敵プレイヤーを攻撃、またはキルする行為。
・勝敗を予め決めて倒し合う行為。
・ローカルルール(スキル縛り等)をチャット(個人チャットを含む)で強要する発言を行う行為。
・PvPエリアで放置する行為。

3.通信の遅延やサーバーの不具合を悪用したプレイ
・サーバーの不具合を利用し、自身が有利になるような行為。
・サーバーの不具合を運営に報告せずに隠匿、あるいは他のユーザーへ教唆する行為。

4.サーバー及びユーザーに対する様々な迷惑行為や禁止行為
・VERITAS利用規約第4条に記載の配信を認めない行為。
・他のゲームやMinecraftマルチサーバーの宣伝や勧誘を、チャット(個人チャットも含む)で行う行為。
・公序良俗に反するMinecraftユーザーネームやスキンを使用する行為。
・双方の合意なくゲーム内で過度な付きまといをする行為。
・チャット(個人チャットも含む)でのスパム行為。→詳細
・管理者の許可無く同一IPから同時に複数のアカウントでログインする行為。
・処罰を受けたユーザー及び、その者と関連が深いと判断されるユーザーがサブアカウントを利用してログインする行為。
・盗難アカウントを利用し、ログインをする行為。
・運営からの指示に従わず、プレイを続行する行為。
・運営のなりすましをする行為。

5.その他、管理者が不適切と判断する行為
・サーバールールに規定されていないが、処罰を行うに値する行為。
 この処罰を行う際は管理者または運営の半数が承認することが必要です。
 この処罰が行われた際は速やかにDiscord上で告知し、禁止行為として本サーバールールに追加します。

[処罰内容]
禁止行為を行ったユーザーには違反の程度に応じて、以下の通り処罰されます。
内規にて禁止事項と処罰内容は関連付けていて、原則その内規により処罰されますが、
違反の程度によっては処罰を変更することがあります。
第5項の行為に関しては始めに注意を行い、その後改善が見られない場合、処罰されます。

・LocalBAN
 無期限でサーバーにログインすることができなくなります。
・TempBAN
 運営が定めた期間サーバーへログインすることができなくなります。
・Kick
 サーバーから強制的にログアウトします。
 その後、再ログインを行うことができます。
・Warn
 口頭、または別の手段で警告を行います。
 3回警告されるとLocalBANされます。

※ユーザーの違反行為について判断に時間を要する場合やユーザーの保護等のため、運営がJailを行うことがあります。
Jailは処罰ではありません。Jailを行った場合、運営は該当のユーザーに対してその旨と理由を通知します。

[異議申し立て]
LocalBAN、TempBAN及びWarnの処罰に対して異議、謝罪、釈明等がある場合には、処罰日時から30日以内かつ1回に限り管理者に異議申立を行うことができます。異議申立は管理者のDiscord(xSoukazex#5126)に連絡する必要があり、これ以外のDiscordチャンネル・Twitter・メール等での連絡は異議申立として受理しません。また、内容や態度が不適切である場合にも異議申立を受理しません。原則として謝罪によって処罰は撤回されません。
異議申立はMinecraftユーザーネーム・本文(異議申し立ての内容)の項目が含まれている必要があります。
異議申立に虚偽の内容が含まれていた場合、処罰を再実行し、それ後一切の運営サポートを行いません。

以上

[改訂履歴]
表記変更・Warn警告後の流れを削除:2020-5-15
TempBANを追加:2019-9-5
制定・施行:2019-8-1